ページタイトル

ノンポリマーセメントモルタル吹付け工法

テクノショット工法

テクノショット工法とは

これまでのコンクリート補修モルタルは、耐久性や既設との一体化の観点から ポリマーセメント系断面修復材を使用していました。

「テクノショット工法」は、特殊な混和材技術により、ポリマーを添加せずにポリ マー系材料の長所をそのままで、更に施工性・圧送性を大幅に向上させたノン ポリマー系の画期的な補修工法です。

テクノショット工法は、あらゆる構造物の断面修復・モルタルライニングに適用でき、 特に大断面や急速施工効果的で、混練プラントから施工箇所が離れている場合でも 施工可能です。

工法の特徴

  1. ポリマーセメントモルタルに劣らぬ物性
  2. 単位時間当たりの吐出量が多く、厚付可能(工期短縮)
  3. 発塵やはね返りが少ない。(環境に優しい材料)
  4. 樹脂ファイバー混入した低収縮プレミックスモルタルで、ひび割れ抵抗性の向上
  5. 長距離圧送性:練混ぜプラントの移設の回数を低減。プラントから施工箇所が離れていても吹付け可能(普通タイプ)
  6. 寒冷地で使用可能「-10℃で硬化を確認」/養生の簡略化(急硬タイプ)
  7. 短時間で強度の発現(急硬タイプ)

用途

  1. 橋梁構造物
  2. 港湾構造物
  3. 一般土木構造物 農業用水路・工業用水路
  4. 浄水場施設構造物
  5. 建築構造物
  6. 工場プラント関連構造物

標準的な施工手順

施工システム

空白