ページタイトル

ポリマーセメントモルタルこて塗り工法

デンカライジング(RIS)工法

デンカライジング工法とは

ポリマーセメント系コテ塗り材塗布により、耐久性や既設コンクリートとの一体性に 優れた断面修復工法です。

特に施工面積が小さい場合や施工箇所が点在している場合 などに効率良く施工が可能です。施工厚みが厚い場合には、重ね塗りすることが可能で、 天井面・側面などにダレなく施工が出来ます。

あらゆる構造物の塩害・中性化・凍害に代表されるコンクリート劣化部の 断面修復工法に適用でき、信頼性の高い工法です。

工法の特徴

  1. 高い密実性(付着性)により既設との一体化が図れる
  2. 特殊混和材技術により低収縮性を実現
  3. 耐中性化・遮塩性など物質遮断性に優れ、長期耐久性を実現
  4. 天井面・側面でもダレが無く、材料ロスの少ない経済的な工法
  5. 材料のラインナップが多く、あらゆる劣化コンクリートに施工可能

用途

  1. 橋梁構造物
  2. 港湾構造物
  3. 一般土木構造物 農業用水路・工業用水路
  4. 浄水場施設構造物
  5. 建築構造物
  6. 工場プラント関連構造物

標準的な施工手順

空白