ページタイトル

ひび割れ注入工法

ハードロック注入工法

ハードロック注入工法とは

 ハードロック注入工法は、変性アクリル樹脂「ハードロックⅡ」 を使用した、コンクリートのひび割れ注入修復工法です。 ひび割れ注入法には次の3工法があります。

【1】「含浸工法」:微細なひび割れ(0.5㎜以下)に対しひび割れ上に 塗布するだけでひび割れに含浸させます。

【2】「低圧注入工法」:幅0.2~5㎜のひび割れに対し、低圧注入治具 を用いて注入します。

【3】「高圧注入工法」:厚みが大きく、幅5㎜以下のひび割れに対し、 高圧注入ポンプ器を用いて、確実に充填させます。

工法の特徴

  1. 低温でもスピーディーに硬化
    冬場でも作業が可能で、
    養生時間を大幅に短縮できます。
  2. 取り扱いが簡単で作業効率が向上
    A剤とB剤の混合は1:1をベースとしていますが、正確な計量混合が不要で、混合比ズレによる接着不良も起きにくく、作業効率・信頼性が向上します。スタティックミキサーを装着したシリンジタイプで1液ライクに使用できます。
  3. 強度を維持する高い耐久性
    耐湿性が高く、乾燥繰返しによる大幅な強度低下がありません。
  4. 環境にやさしく、安全性が高い
    環境ホルモン類似物質(ビスフェノールA、フタル酸-2-エチルヘキシル、ノニルフェノール)を含みません。
    燃焼時に有毒な青酸ガスを発生しません。

用途

  1. コンクリート構造物のひび割れ注入

1. 含浸注入工法の施工手順

2. 低圧注入工法の施工手順

3. 高圧注入工法の施工手順

空白