ページタイトル

再アルカリ化工法/テクノクリートシステム

アルカリート工法

再アルカリ化工法とは

中性化とは、空気中の二酸化炭素や水がコンクリートの毛細孔・空隙から浸入 することにより水酸化カルシウムが炭酸化してコンクリートのPHを低下させる 現象をいいます。

この現象により鉄筋周辺のコンクリートが中性化することにより 鉄筋が錆び、その膨張力によってコンクリートが破壊されます。

アルカリート工法は、中性化を受けたコンクリートを電気化学的浸透原理により、 コンクリートにアルカリを再付与し、健全な状態に再生します。

工法の特徴

  1. 短期間処理可能(標準通電期間 2週間)
  2. ほぼ非破壊で処理可能
  3. 処理効果を処理後、容易に確認できる
  4. 再生システムのため、施工後全ての設備を撤去できる

標準的な施工手順

その他工法

パネル工法
 
シート工法
空白