古くなったら捨てればいいという大量消費時代に終止符が打たれ、地球環境との共存 限りある資源の有効活用が建設業界全体のそして地球全体のテーマになっています。

私たちテクノクリート/施工研究会は そんな時代の要望にお応えすべくコンクリートの再生、補修、補強というコンクリート・リフォームの オピニオン・リーダーを目指し発足致しました。

コンクリートの劣化防止から再生、補修、補強まで私たちはコンクリートの寿命に挑戦してまいります。


2019.09.24
テクノショット工法に新たにポリマータイプ「スーパーテクノショット工法」を販売開始しました
カタログはこちらから>>

2015.11.13
「テクノショット工法」をハイウェイテクノフェア2015で、デンカ株式会社ブース内で出展します。
ハイウェイテクノフェア2015 11月25日(水)、26日 (木)
場所:東京ビッグサイト https://www.express-highway.or.jp/htf2015/info/

2015.09.29
当研究会賛助会員「電気化学工業株式会社」は平成27年10月1日付けで 「デンカ株式会社」に社名変更致します。

2014.06.06
吹きつけ工法テクノショット工法の特長である長距離圧送性、高吐出性を従来のポリマーセメントモルタル工法と比較試験をした動画をアップしました。


2013.04.04 NETIS登録の件
「テクノショット工法」をインフラ検査・維持管理展デンカ株式会社ブース内で 出展します。
インフラ・検査維持管理展 7月22日(水)~24日 http://www.jma.or.jp/mente/outline/infra.html

2013.04.04 NETIS登録の件

当研究会専用工法「テクノショット工法」カタログを改定しました。 同工法特長である長距離圧送性、工期短縮、作業効率化をより わかりやすい内容としました。

2013.04.04 NETIS登録の件

当研究会のコンクリート構造物断面修復「テクノショット工法」は、新技術情報提供システム(NETIS)に登録されました。(KT-1201


テクノクリート/施工研究会では会員専用工法としてコンクリート補修工法「テクノショット工法」をご提案致します。
本工法は流動性、耐久性に優れた無機系特殊モルタル「テクノショットモルタル」を現場で練り混ぜ、硬化促進剤
「テクノショットAF」を先端ノズルで混合する湿式吹きつけ工法です。
 流動性の高いモルタルを用いることで長距離圧送(普通タイプ、ポリマータイプ:~100m) を可能とし、
吐出量の向上が図れ、施工効率、能力が改善し、経済性にも優れた工法です。
独自の硬化促進剤を添加することにより、従来のポリマーセメントモルタルより厚付け性も向上、急硬タイプは
初期凍害を防ぎ、マイナス環境下での施工を可能と致します。

関連資料

pdf テクノショット工法カタログ(ノンポリマータイプ) pdf スーパーテクノショット工法カタログ(ポリマータイプ)
テクノクリート東海地方会員 会員情報の一覧はこちら 研究会パンフレット
空白